スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

星占い記事はお休みします

こんにちわ、サワツ純子です。
台風11号、大変です(T_T)
皆さま、各所お気をつけ下さいね。

星占い記事はおやすみします。
元、週間星占いのページにて、天体の動きのみ掲載しております。お入り用の方はどうぞご利用下さい。(^_^)

それでは皆さま、台風にお気をつけて。良い週末を!
スポンサーサイト

アスペクト/ソフトアスペクトとハードアスペクト

 こんにちは、サワツ純子です。

 先週は、週占い終了に寄せて、みなさまからたくさんのお気遣いをいただき、誠にありがとうございました。みなさんお優しいですね…(T_T)感涙!

 おかげさまで少しゆっくりさせていただいております。

 今回は星占いネタの続きを少し。
 アスペクトについての続きです。

 前回は、アスペクトする天体について書きました。
 好ましい作用をするベネフィックの天体=金星・木星
 好ましくない作用をするマレフィックの天体=火星・土星

 今回は角度について書きます。


*-*-*-*-*-*-*


★【アスペクト/ソフトアスペクトとハードアスペクト】

 まず基本的なことを前提として。

 120度、60度はソフトアスペクト。好ましい作用をする角度と言われています。
 180度、90度はハードアスペクト。好ましくない作用をする角度と言われています。
 天体と天体が重なる0度は、天体の意味が強調される、という感じに言われています。(0度は、正しくはアスペクトとは言わないそうですが、ここではいっしょくたに扱います)


 上記で、ソフト=好ましい、ハード=好ましくないと書きましたが、わたし自身は一概にそう言えないと感じています。

 作用した結果が好ましいか否かのほとんどは、アスペクトする天体がベネフィックかマレフィックか(そして高品位か悪品位か)に左右されると解釈しています。

 ではソフトorハードの差はどのように考えるか?

 ソフトアスペクトは『天体同士がスムーズに結びつきやすい』
 ハードアスペクトは『天体同士が葛藤をもって結びつきやすい』 と解釈しています。

(これはわたしが占星術の師匠から教わった解釈を含めています。わたしの占星術の師匠はホラリー&古典占星術のKuni.Kawachi先生です。検索してみてくださいねー)

 例えば、火星と土星の120度を『高い戦闘能力を持つ』と解釈した場合、自分の主張を強く押し出して敵を負かすことは出来るかも知れませんが、ある種のトラブルを呼びやすくもなるわけです。勝つことは良いことかも知れませんが、たいていの人にとってトラブルは悪い出来事です。
 ですのでこれまで占いを書く時には『トラブルあり』と判断してきました。

 また例えば、金星と木星の180度を『良いこと1と良いこと2の板ばさみ状態がある』と解釈するとします。
 2つの良いことのうち選べるのは1つだけ。もうひとつを手放すのは残念かも知れませんが、それほど良いことに取り囲まれているのは素晴らしいことです。たとえ葛藤があっても金星と木星はケンカやトラブルに発展しません。
 ですので占いを書く時には『葛藤があってもトラブルに至らない』と判断してきました。

 現在、獅子サインで金星と木星がほぼ0度にあります。0度は天体の意味が強調されるので、どこかでとても華やかで『良いこと』が起こっていると見られます。

 と同時に現在、山羊サインの冥王星と蟹サインの火星が180度を取っています。(さらにサインの関係上、蠍の土星がソフトアスペクトの位置で両者と結びついています)
 冥王星は火星の親玉みたいな天体と形容されることが多いです。『火星vs火星の親玉』といった感じで敵対しています。すごく剣呑なアスペクトです。(T_T)
 どこかで思わぬトラブルや、ショックを受けるような出来事、我慢しなければならない状況が起こりがちなのではないでしょうか。

 (ちなみにこの状況は来週の半ばくらいで峠を超えると思いますよ。それまではみなさん、ちょっと慎重めに行動するのがオススメ!)


 …というわけでわたしは、
 『起こってくる出来事』=ソフトアスペクトがgood、ハードアスペクトがbad、とは解釈しません。
 出来事の良さor悪さは、アスペクトする天体がベネフィックかマレフィックかで判断します。
 角度の種類については天体の結びつきが『スムーズ』か『葛藤を伴う』かを判断しています。

 もう一度整理しますね。

 好ましい出来事が起こる=ベネフィックとのソフト・またはハードアスペクト
 好ましくない出来事が起こる=マレフィックとのソフト・またはハードアスペクト

 んー、簡単。


 と、言うわけで伝わったかな…(^_^;;

 次回はアスペクトの3回目『サインに依ってアスペクトを取る』について書きます。

 それではみなさま、良い週末を!

週占い連載終了によせまして

 こんにちは、サワツ純子です。


【週間星占い/2015年07月06日~2015年07月12日】


 突然ではございますが、アテナの週間星占いは今週をもちまして終了させていただきます。
 長い間、ご愛読いただきまして誠にありがとうございました。

 急な連載中止に驚かれた方も多いと思います。
 楽しみにしてくださった方々には申し訳なく思っております。ほんとうにすみません。

 連載中止の主な理由は、精神的な不調です。

 ちょっと長くなります。読みにくかったら申し訳ありません。

*-*-*-*-*-*-*

 占いはデリケートな仕事です。
 でもわたしは自分に向いているなーと思っていました。個々の鑑定で、お客様の複雑な事情や愚痴を聴くことはまったく苦になりません。よく『お客さんからしんどいものを貰って自分までつらくなる』ような話を聞きますが、わたしは全くそういうことはありませんでした。今もそれは変わりません。

 ところがわたしにとって『漠然とした未来の予測』は、精神的・心理的に大きな負担がかかることでした。月間占い・週間占いのことです。

 わたしにとって『今ある問題の解決』(お客様の鑑定)はしんどくありません。でも、『これから何が起こるのかな?』(週間占い)と考えるのはしんどいことだったのです。

 この先にかなりハードな星回りがやってくる。きっとこんなことが起こるだろう、と前もって知るのはとても怖いことです。

 想像してください。今とても好きな人とうまく行っているのに、いずれふられることになるよと分かってしまったら。来年あたり、大切な人が死んじゃうかもと思ったら。

 例えば、今週は致命的な大きなミスをしでかす可能性があると思ったら、一瞬一瞬をびくびくと過ごすことになります。そのミスをおかすのはいつだろう?今だろうか?それとも今の選択は正しくて、次の選択が間違いなのだろうか?…疑いだしたら、もうどんな小さなことでも自分で自分を信じられなくなります。

 わたしにとって週間占いを続けることは、『まだ起こってもいない何かの心配をし続けること』でした。
 幸いにも読者様も増え、毎週の占いを楽しみに待って下さることはほんとうに嬉しいことでした。しかしその一方で、知りたくもないことを断片的に知り、常に、まだ起こってもいないことへの不安を抱える生活に甘んじることになりました。

 ここ数ヶ月、精神的な閉塞感が強くなり、日常の場面で色々と不具合が出てくるようになりました。そのため、思い切って週占いを終了させていただくことにしました。本当はもっと前もって告知しておくべきでしたが、これ以上は続けられないという感じが急激に強まってきたため、突然の終了となりましたことをお詫びいたします。

*-*-*-*-*-*-*

 最後に、占いを通していつも思ってきたことを少しだけ、お伝えしたいと思います。
 わたしが占いの文章を作る時に、基準にしてきたことです。


 ・日々の生活で起こる、良いこと、しんどいこと。すべてに価値と意味がある。

 ・『自分の利益を図る・自分の都合を優先する』のは正しいことである。
  『自分の利益を図る・自分の都合を優先する』ことを相手にも許すべきである。

 ・『どうにもならないことがある』と認めるのは優しさに繋がる。
  『なんとかなること』に一層の努力をするのは尊いことである。
  でもその区別を『自分の尺度』で計るのは好ましくない。

 この3項目は、自分にも他人にも優しくあることを目指しています。時には得をし、時には損をするのが、平和に通じる生き方だとわたしは思っています。

 困難や葛藤にぶつかった時、ちょっと思い出してみてくださいね。
 良いことにもつらいことにも価値や意味があります。あなたは(みんなも)自分の利益や都合を優先させる権利を持っています。自分の尺度=絶対の正義ではありません。

 みなさまに素晴らしい、有意義な未来がありますように!
 わたしはしばらく、のんびり過ごします。(^_^)

 最後までお読み頂きありがとうございました。
 それではみなさま、良い週末を!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。